ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤の効果はいつから出るの?

更新日:

ベルタ育毛剤の植物エキスについて

植物エキス

ユキノシタエキス

ユキノシタは、夏の季語として俳句に詠まれるほど親しまれている雑草。北海道、沖縄以外の日本全国で自生しています。

天ぷらとして食用にされるほか、民間薬としても昔から知られていて、火傷、腫れものなどへの塗布薬として活用されてきました。

消炎、抗菌、活性酵素除去などの効果もあるため、肌や頭皮のアンチエイジングに役立ちます。

カンゾウ葉エキス

カンゾウは「甘草」と書き、漢方薬の成分として知られています。またベルタ育毛剤の有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムも実は甘草から抽出されたもの。つまりダブルで甘草の成分が配合されているわけです。

ユーラシア大陸全土で自生しているために、洋の東西を問わず民間薬として活用されてきた歴史を持ち、現在でも医薬品、甘味料など幅広くその成分が使われています。

育毛剤でも欠かせない配合エキスとなっていて、抗消炎の働きにより頭皮の環境を守ってくれます。

エイジツエキス

エイジツは、ノイバラの果実のこと。含有されるフラボノイドのせいで、収れん作用を備えています。収れん作用とは、肌に含まれたタンパク質が他の物質と結合し、肌が引きしまる効果のこと。このことで頭皮を含めた肌の老化を防ぎ、コンディションを整えます。

テンニンカ果実エキス

テンニンカは漢字で「天人花」と書きます。東南アジア原産の植物で、その実は食用となり、ジュース、ジャム、ゼリーなどに活用されています。

また、トリテルペノイド、スチルベン誘導体などの成分を含み、「山稔子」という漢方の生薬としても有名。

紫外線による肌ダメージを修復する力があり、頭皮環境の改善にも役立ちます。

スターフルーツ葉エキス

スターフルーツは中国ではデザートとしてよく食されていて、日本では沖縄でよく売っています。

その葉から抽出されたエキスにはメラニン生成を阻害する働きがあるというので、近年ではよく化粧品に配合されるようになりました。

また、皮膚の繊維芽細胞の活性化を促し、頭皮のハリ・弾力を蘇らせてくれます。

イチョウエキス

イチョウの葉にはケンフェロール、ケルセチン、プロアントシアニジンなどのフラボノイドが含有されていて、様々な症状を軽減してくれます。

認知症、高血圧、神経痛、頻尿、アレルギー、冷え性、花粉症の改善のほか、頭皮に対しても血流を促進。抜け毛予防、育毛効果が期待できます。

糖化を改善するベルタ育毛剤

症状が改善
女性の薄毛は、「糖化」がその一因となっている、といわれています。

糖化とは聞き慣れない言葉ですが、紫外線、ストレス、食生活などにより、頭皮のタンパク質と糖が結びつき、変性してしまうこと。パーマ、毛染めによってもこの現象は起こります。

頭皮が糖化すると、柔軟性を失い、表面がカチカチになります。そのことで抜け毛が激しくなり、新しい毛髪も生えにくくなるのです。

もし、抜け毛や薄毛の症状とともに「頭皮が硬くなった」という自覚がある場合は、その糖化を食い止める必要があります。

この場合いくら育毛剤を使っても、そこに「抗糖化」の工夫がない限り、効果は望めません。

ベルタ育毛剤は、糖化して硬くなった頭皮のケアのために、天然の保湿成分をたっぷり配合しています。

このことで、糖化した頭皮を柔らかくし、髪の毛が育ちやすい頭皮環境に導いてくれるのです。

-ベルタ育毛剤

Copyright© 『本当に効いた!ベルタ育毛剤の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.